回春と性感エステ

バスタオル姿の女性

比較的古いエステに回春エステがある。
回春とは男性の生殖能力を復活させることであり、回春エステでは睾丸マッサージやリンパマッサージを行うことで勢いの強い射精が行えるようにする。
そして、回春マッサージに付随して行われるのが性感エステとなる。

性感エステでは客は受身となり、セラピストに微弱な性感帯を刺激されることで徐々に性的な興奮を促される。
そして最後に回春マッサージやエネマグラを使用したドライオーガズムなどで射精、絶頂を体感し終了となる。
ドライオーガズムとは、射精を伴わない絶頂体験のことであり、アナルからエネマグラなどの器具を挿入し、前立腺を直接刺激することで体感できる。

エステは風俗の中では働きやすいソフトサービスに分類される。
それは、客に責められるのではなくマッサージやM性感などによってセラピストが客に刺激を与えるという状況であるということ、客からのボディタッチは禁止されていることにある。
また、店によっては制服の着用が義務付けられており、脱衣の必要性がないこともソフトサービスに分類される理由である。この場合の制服は極端なミニスカートなど、露出の多いものがほとんどではあるがトップレスや下着姿はオプション扱いとなることが多い。

癒される風俗として利用する客と、働きやすさで女性に選ばれる業種として徐々に普及している。

このエントリーをはてなブックマークに追加